K-POPでリフレッシュ!

SEVENTEENを中心にK-POPグループの日本での”ライブ・楽曲・パフォーマンス情報”をいいとこどり!

セブチ 「Be The Sun」ドームレポ

 はぁ~♡ この感動をどう伝えればよいか…

 応援の声が出せなくて、SEVENTEENにもCARATにも、どこか”もどかしい”想いはあったけれど…。13人が全力で初ドームツアーに挑んで、今までの熱い歴史と華やかなステージを存分に見せてくれたことは、セブチを推す意味を再認識しに来たような、私にとってはそんな時間でした🤗

 

 ファンクラブ1次全落ちで、一時期生きる糧を失っていましたが、その後、一生分の運がカラモバVIPに舞い落ち、さらにチングのあいのちからもあって、注釈&ステサイ枠で初めてのドームツアーに参加できることになりましたm(__)m

 

 ライブ期間はそこに全力・全集中なので、いつもながらかなり遅れ気味のレポですが、よろしければお付き合いください。

 

今後は、

YouTube☟の「コミュニティ」のほうにも情報置いていきますので、

よかったらそちらも確認してくださいねm(__)m

K-POPオルゴール風BGM - YouTube

 

セトリやセブチの様子についてなど、ネタバレは遠慮したいとお考えの方は、ここまでで。

見に来てくださってありがとうございました🙏

 

☟セブチ初ドーム 備忘録のようなレポ

【京セラドーム 2022.11.19(土)・11.20(日)】 

ステージサイド体感席(以下 ステサイ)・VIP席(以下 VIP

 

初日、セブチのライブお決まりの雨や嵐もなく、珍しく快晴で気分も晴れやかに会場へ😆

2日目は朝方の雨。日中曇りではあるものの、予想に反して傘いらずで奇跡的!

グッズ列は予想通り午前中からドームを一周してしまうほどの大盛況。

カラット棒も早々に売り切れとなり、大変な思いをした方も多かった様子…。

開演まで、あと15分という時間帯でもトイレもカラット棒のペアリングも長蛇の列。

(ステサイはペアリングのアプリ内に座席番号がなかったので、ペアリングの列に並んで手動で入れてもらいました)

会場内では「AdoreU」「BOOMBOOM」といった懐かしいMVが順に流れ、カラット棒も音楽に合わせて連動。(公式曰く、電池の消耗が激しいので公演ごとに新しい電池にするのがおすすめ)

会場内が暗転してから、数曲のMV&VCRが流れ約15分遅れでいよいよセブチ登場😍

(2日目は10分程度の遅れ)

『セットリスト』

VCR

①HOT

ドームのために新調したという白の衣装でメインステージ奥から登場。

(ステサイからは奥まった場所は見えず、モニターで…)

歌と共に全員が前に出てくると、悲鳴のような歓声も。

気合いと情熱をこめたステージがオープニングから繰り広げられました。

 

②March

ホシのバズーカ砲みたいな?煙の噴射の合図でバイクが入り乱れ、再びメインステージ奥でロックな雰囲気で熱唱。

ステサイではスピーカーが近く、息継ぎの声や感情がこもっていつもより強めに歌っていることなどもよくわかりました。じっくり声を味わって(^^

 

③HIT

コロナ前、最後のライブツアー(Ode To You)でアンコール時に行っていたこの曲を聴いて、やっとドームの夢が叶ったことへの実感が…。

あの時は、ツアー後半で体調を崩したメンバーもいて、

全ては踊らず、激しい振り付けの所はホシディノだけ前に出て踊るような構成にしていました。

やっと万全の13人での激しいパフォーマンスがみられて涙が出ました😭

(普通は泣きポイントココじゃないと思うけど、すみません)

 

トーク(最初の挨拶)

④Rock with you 

日本語バージョン💗

サビのところは「ウ!」「ハ!」「オー!」?というような、CDにはない独自の掛け声で、気合いをバシバシ感じました。

オープニングからこの曲まではライトも赤っぽいものが多め。

13人の”ロック魂”という感じの勢いと熱量のあるステージ。

 

⑤2MINUS1

ジョシュアとバーノンのユニット曲。センターステージから登場。

アメリカロック調で二人にはピッタリのステージ。

マイクスタンドでのパフォーマンスはカッコよかった!

 

VCR

MOONWALKER

雨が流れるシート越しに、叙情的にパフォーマンスチームが登場!

メインステージ奥からのスタートだったため、ステサイからはナマではみられなかったけれど、モニターに映った様子が映画の一場面のよう。その後のしなやかで美しいダンスに思わずうっとり。

 

→1曲目メインステージから始まり、途中からセンターステージへ移動

⑦Wave

パフォチの指先・爪の先までWaveしている綺麗さに加え、表現力やダンスの緩急もすごくて、思わず息をのむステージ。目まぐるしくフォーメーションは変わるのに、それぞれが図ったような等間隔の立ち位置で圧巻!

 

⑧Come to me

ボーカルチームの聴かせる歌声とメンバーがバラバラに移動して、隅々まで盛り上げようとするファンサービスでアットホームなステージ♡

サビの繰り返しで、カラット棒が左右に揺れてとても素敵な光景。

ステサイでは突然カラット棒が同じ方向に動き出したように見えたけど、VIPで見た時はちゃんとスングァンが素敵に先導してくれていました(^^

 

⑨Imperfect love

ボカチの透き通るような美声にうっとり。

会場全体が、一つの毛布にくるまれているような一体感と温かさ。

ドームなので、若干声が跳ね返って聴こえる所もあったけれど、それがまたいい感じのこだまを呼んで、余韻に浸ることができました。

 

⑩GAM3BO1

ヒップホップチームのちょっとコミカルな楽曲。

楽しい振り付けと大勢のダンサーとのコラボで、とにかく賑やかでパーティーのように盛り上がっていました。

サビの「ゲームゲームゲームゲーム…」のところはつい声を出して歌いそうに!

 

→1曲目メインステージから始まり、途中からセンターステージへ移動

⑪Back it up

ヒポチお得意の力強くて荒っぽい、そしてセクシーさも加わったパフォーマンス。

カラット棒も安定の赤&濃い紫で、ヒポチの歌や雰囲気に激しくマッチしていました!

 

VCR

⑫Mansae

セブチ初期のかわいいコンセプトで登場。

歌が始まるかと思いきや、「CLAP」の練習動画を思い出させるバーノンの遅刻コントが始まる(^^

そして、突然SMAPの「らいおんハート」熱唱で大喝采

二日目、今度は嵐の「A・RA・SHI」を歌うバーノン。

ついつい完璧な振り付けでサビを踊ってしまったカラット達に「なんで?」と不思議がるセブチ達。

ここはカラットの沸きポイントでした😆

再び歌が始まり、サビではセブチの誘導で、カラットが手を上げてMansaeの振り付け。段々スピードを上げたり、超ゆっくりになったりと左右に楽しく揺れました。

 

⑬Left & Right

コントのわちゃわちゃした雰囲気そのままに突入!

前奏はライブ用アレンジで、セブチ達の合いの手の声も大きく、終始明るく楽しく。

 

⑭VERY NICE

「아주 NICE」の声と共に、会場は大盛り上がり!

ジャンプが禁止となっているため、事前にTHE8から教えてもらった方法でカラット棒を上下に振って、最大限にライブ感を楽しみ…。

 

⑮CHEERS

この曲の始まりも会場は沸きに沸きました。

リーダーズエスクプス・ウジ・ホシ)がセンターステージに残ると、セブチの柱がどっしりと存在感をあらわしたようで、期待値がMAX!

三人のダンスは余裕もあってカリスマ性もあって痺れました。

 

VCR

⑯DREAM

11月9日に発売したばかりの日本語のオリジナル曲。ワールドツアー「Be The Sun」で初披露♡

ステサイは真横&後ろ姿だけど、TVやMVでは見ることが出来ない位置からなので、かなりのお得感♡

フォーメーションや移動が可憐で別世界に連れて行ってくれます。

ここからの日本語3曲は歌詞も刺さり、カラットの涙腺崩壊ゾーン。

 

⑰ひとりじゃない

コロナ化で癒された曲。こちらもワールドツアー初披露!

最初の「Ah Ah Ah Ah…」が会場全体に響き渡ると鳥肌が…。

さらに、ジョンハンの透き通った声で「♪夢の中僕を~」と始まると、透明で清らかなセブチの世界へ!

 

⑱舞い落ちる花びら(Fallin' Flower)

センターステージ。

「ひとりじゃない」の最後の部分の立ち位置が「舞い落ちる花びら」の最初の花びらのフォーメーションになり、そこから少しニコッとしたジョンハンが中央から立つと物悲し気な前奏が流れ、一気に感情を揺さぶられました。

 

この曲の振り付けは、上部からも抜群にキレイ!今回ステサイで上から見ることが出来て、その美しさに十分魅了されましたが、VIPの位置で見たときのセブチ花びらが折り重なり広がる様子はもう世界でも随一の美しいパフォーマンスだと思いました!

セブチ최고👍

 

VCR

⑲Shadow

メインステージ奥からの登場!

サビの「♪Shadow my Shadow my~」の歌い方がそれぞれにものすごく個性的でカッコイイ!

サビ①ミンギュウォヌ、そしてスングァンの高音の流れ。

サビ②ホシバーノン、そして、力強いドギョムの流れ。

最後にミンギュエスクプスからのウジジュンの美高音の流れが特にすごかった!

そして、この曲のラップをディノに持ってくる辺りがホント抜群!パート割りが神!

もはやヒポチもボカチもパフォチもなく、歌だけでも勝負できるグループだと実感!

ライブでしか聴けない生声とそれぞれの感情のぶつけ方で、本当に聴きごたえがあって、雄たけびを上げそうになりました🎉

 

⑳Crush

おしゃれさと妖艶さが爆発するパフォーマンス!

VCR明けからの衣装もセクシーな様相。

初日はミンギュが目を半分隠すような髪型!

アップになるたびにあまりのビジュアルの良さにどよめきが起こっていました♡

 

トーク

「ひみちゅ」「ウォヌのチーズバーガー」「たこやき」「まさか」「スングァンのブルゾンちえみ」「やきそば」などなど…懐かしさと愛嬌、笑えるやり取りにカラットが沸きました。

 2日目のことですが、笑いが収まって微妙な時間になりかけた頃、ミンギュが ”もう、今行かなければなりません””今しかありません”的にトーク打ち切り宣言&次の曲の促しをしたのが結構ツボでした😆

 

㉑_WORLD

ジャバラ折りにしたスローガンでクラップする提案が運営から前日にあり、慌てたカラットも多かったのでは?

モニターに歌詞と拍手👏のマークが出るも、大勢がついていけず、私も途中から我に返って手を止め、セブチのパフォーマンスに集中しました。ごめんなさい。

 

VCR

☟アンコール(トロッコで一周&後方で停止してトーク

㉒Darl+ing

ロッコでの披露。(私は位置が悪くて、両日ともにモニターでの鑑賞💦)

この曲の雰囲気は外周するセブチ達にピッタリでほのぼのと。

ただ…

ロッコに熱狂しすぎて、この時点で掲げなければならないスローガンを両日ともに忘れるカラット達。

 

㉓Heaven’s Cloud

ロッコで戻りつつの歌唱。この曲も平和でまったりとしていて、雰囲気にピッタリでした。

 

トーク(一人ずつ感想)

㉔あいのちから

ウォヌの素敵なセリフで開始したこの曲は、セブチの声のちからも十分に感じる丁寧でしっとりとした歌い上げ方。

カラット棒がゆっくり揺れる様子に、この優しい空間が永遠に続けばいいのにと願った瞬間。

 

㉕CALL CALL CALL!

日本デビュー曲。これがドームで聴けるとは♡

ダンスは主にフリーな感じ。一部分のみ集結しての力強いパフォーマンス。

一瞬で心を掴まれ…。

体力も限界に近づくアンコールでのカル群舞はすばらしい!

感動😭

 

一転して、「もしもし」を言わせるくだりからの「♪Oh-Oh-Oh-Oh~ チリンチリン」の連続。この流れ考えたメンバー本当にセンスある!あと少しで公演が終わってしまう寂しさも吹き飛ばして大爆笑でテンションアップ⤴

 

㉖VERY NICE

ライブ恒例の無限「아주 NICE」☆

ジャンプは出来ないけれど、カラット棒やうちわ、タオルなど、勢いよく上下に揺れて会場全体がヒートアップして一体化!

ライブって本当にいいなとしみじみ。何もかも忘れてとにかく楽しめる♡

 

公演時間は両日ともに約3時間半👏👏👏

 

今回のセトリは、セブチがこの曲もやろうあの曲もいいって話し合っている間に、何曲も連続でやるハードな構成になったらしい(^^♪

ありがとう!こういうの大好きなんで、ただただ感謝!

 

 コロナも第8波が来ていたから心配しましたが、

とにかく無事に始まってよかった!

一旦韓国に戻ったようですが、ぜひ東京ドームもバンテリンドームも健康でパフォーマンスをお願いします🙏

 

HMV&BOOKS online